大相撲川崎ふるさとの場所

2016年大相撲川崎ふるさと場所 開催内容

2016年4月13日(水)に第一回大相撲川崎ふるさと場所を開催致しました。
会場には川崎市民の皆様をはじめ、首都圏近郊や海外からも6,000人を超えるお客様にご来場頂き、
力士の取組やスペシャルゲストの登場など会場が大いに盛り上がりました。

5:00~

若手力士会場入り、関取衆の会場入り

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

若手の力士が次々に会場入りし、先輩力士が来るまでに支度部屋を整え、練習に励んでおりました。スタッフも総出で最終チェック。会場内の照明やマイクは特別発注し両国と同じ仕様にしてもらいました。
若手の力士が準備を終了するころ、人気の関取をはじめとする幕内力士が会場入り。
会場入り口にタクシーが停まると、お客様からのサインや写真・握手のリクエストに応じてくれました。

8:00~

開場、握手会

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

開場時間の前からすでにお客様の列が。会場のロビーでは約20店舗の川崎市内の飲食店と川崎産業親善大使の皆様にご協力頂き会場内を盛り上げる為の準備が着々と進められました。
9:00からは人気力士が開場入り口で握手会を開催。今回は天風関をはじめとする3名の力士が会場に入る皆さんと交流しました。

~10:30

公開練習、子供相撲

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

幕内力士の練習がスタート。普段見れない力士の表情や練習風景を目にすることができ、お客様も喜んでいました。
10:30からは子供相撲のスタートです。幼稚園年長から中学生まで総勢33名のお子様が参加してくれました。大きな体の力士に全員が力一杯向かっていきます。

11:00~

会場外イベント

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

入り口を入ってすぐのエリアは人気の川崎市内の飲食店が出店。お客様は川崎の名店の味を楽しんでいらっしゃいました。
会場外では川崎フロンターレ×春日山部屋によるコラボレーションイベント“イッツスモウワールド”が開催。
ドールのフルーツを自慢の握力で絞る生絞りジュースコーナーには、春日山部屋の力士の他に、総合格闘家の所英男さんも参加してくれました。
他にも力士とのPK勝負やグッズ販売やちゃんこ鍋なども用意され、ちゃんこ鍋はあっという間に完売と大人気でした。

11:30~

相撲甚句、初切、太鼓演舞

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

11:30からは地方巡業でしか観る事のできない演目が目白押し。会場は大盛り上がりでした。
[ 相撲甚句 ]
地方巡業でしか見ることができない演目のひとつで、幕内の力士が5人〜7人で歌う“相撲甚句”です。
七・七・七・五の形式で歌っていくのですが、ユーモアが混じった歌詞で会場を笑いに誘いました。
[ 初切 ]
地方巡業では一番人気の“初切”。こちらも地方巡業でしか見ることができない演目で、力士が相撲の禁じ手を面白おかしく紹介していきます。
普段見ることのできないコントの様な取組に行司も巻き込まれるなど、会場が大いに盛り上がりました。
[ 太鼓演舞 ]
呼び出しさんが行う仕事の一つでもある太鼓叩きを、種類ごとに紹介していく太鼓演舞。
初日に行う“触れ太鼓”や本場所の早朝に打つ“寄せ太鼓”など太鼓叩きは何種類かあるということにお客様も関心を持って耳を澄ましておりました。

13:00~

十両土俵入り・取組、髷結い、綱締め

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

[ 十両土俵入り・取組 ]
若い関取衆の登場です。今後注目される若手有望力士に相撲ファン歴の長いお客様が声をかける風景もありました。
[ 髷結い ]
大人気の力士、豊の島関と床山さんに登場いただき、十両以上の関取しか結うことのできない“大銀杏”を実演して頂きました。
束ねた髪を元の部分で結う細く丈夫な元結を使い力士の顔形に合わせ仕上げていくそうで、豊の島関に長年付いている床山さんが関取にぴったりの大銀杏を披露してくれました。
[ 綱締め ]
横綱の象徴である、土俵入りの際に締めている”綱”。実際締めている所を目にする機会はありません。
その模様を土俵で実演してくれる演目ですが、部屋中の力士が総出で行い汗だくになる程の重労働。
綱を締めた後の横綱は神聖なので絶対に触ってはいけないと言われる程とても神々しい姿を披露してくれました。

13:45~

幕内土俵入り・横綱土俵入り

  • 写真
  • 写真

[ 幕内土俵入り ]
いよいよ幕内力士の土俵入りです。人気の力士が化粧回しを着けて土俵に上がります。
途中、人気力士に赤ちゃんを抱いてそのまま土俵入りしてもらったお客様も!大興奮の様子でした。
[ 横綱土俵入り ]
三横綱が単独で土俵入り。綱の締め方やせり上がりの型によって異なり、横綱のアレンジも加わって三者三様の型を観る事ができます。

14:00~

市長挨拶、寄付金贈与

  • 写真
  • 写真

今回の地方巡業の名誉顧問である川崎市長 福田紀彦様からご挨拶。
来場いただいたお客様は川崎市民以外の皆様も多くいらしたため、市長から川崎市の思いや期待などをお話しして頂き“川崎”を地元以外の方にも伝えてもらいました。
また、今回の地方巡業の売上げの一部を川崎市の発展のために使って頂きたいと寄付をさせて頂きました。

14:15~

サプライズゲスト登場。
川崎名産品贈与及び、大久保嘉人関と白鵬関の取組

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

川崎市のヒーローでもある史上初の3年連続Jリーグ得点王・J1通算最多得点記録保持者の川崎フロンターレ大久保嘉人選手がサプライズで登場!
地方巡業の歴史上で初めて相撲関係者以外がゲストで登場できたのは、相撲協会・川崎フロンターレのご協力により実現しました。
会場は大久保選手の登場で一気に興奮と拍手の渦に!横綱へ川崎名物 大師だるま、大師巻、葛餅を献上してもらいました。
続いて、相撲界No.1とサッカー界No.1の最初で最後の取組です。歴史的瞬間に会場内は大いに沸きました。
翌日の新聞はこの記事で総なめ!頂上決戦の勝者はもちろん白鵬関でしたが大久保選手の心意気に白鵬関は「プロですね」と関心していました。

14:30~

幕内取り組み

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

さて、いよいよテレビでおなじみの幕内力士達の取組です。
会場の雰囲気もあり力士達は地方巡業以上の気合いで取り組んでくれました。
特に白鵬関の塩まきは高く大きいもので相撲業界では地方巡業の成功の証と言われているそうです。

15:00

弓取り式

写真

結びの一番の後は、川崎市が誇る春日山部屋の春日龍さんが行いました。
地元の力士だけに声援も多く、初の弓取り式に少し緊張した面持ちのようでしたが、無事に終えることができてほっとしておりました。

2019年4月12日春場所開催
チケット購入はこちら

戻る